切る二重まぶた手術

  • 埋没法はまぶたを切らずして二重を手に入れるような方法になりましたが、切る施術というものもあります。 それが切開法と呼ばれる施術で、切開法の中にも、切開範囲を少なめに行うものと、ある程度の範囲を切開するものの数種類のタイプがあります。
  •  
  • 切開法は名前のとおりメスを使う方法になって、埋没法などと比べるとより高い効果を得ることができます。
  •  
  • 埋没法でも十分に効果を得られる人もいるのですが、症状の度合いによっては埋没法では対処しきれなかったり、途中で止めが外れてしまったりすることもあるのです。 施術としては、入念なチェックのもと、二重にする場所を慎重に切開して、余分な脂肪を排除し処理を行った後に縫い合わせるというものです。
  •  
  • このように非常に単純で原始的な施術になるのですが、それだけにしっかりと行うことができれば効果の高い方法になるでしょう。
  •  
  • また、埋没法などと違って一時的に糸で止めておくような手段ではないため、一度施術を行えば半永久的な効果を得られるという部分もポイントです。 どちらかといえば、重度の一重に悩まされているような人には向いている方法なので、自分のまぶたのタイプに応じて切開法と埋没法を使い分けることができれば、有意義な整形手術になるのではないでしょうか。
  •  
  • 二重を作る整形手術にはいくつかの種類がありますので、自分との相性を考えた上で、的確にチョイスすることがとても重要になってくることを忘れてはなりません。